ゴロピカリ – 群馬県 お米【お米のこと】

朝日新聞掲載「キーワード」 – ゴロピカリの用語解説 – 県農業総合試験場(現県農業技術センター)が「コシヒカリ」と「月の光」を人工交配して育てたコメの品種。コシヒカリから受け継がれた粘りのある食味と、病気に強い月の光の特徴を併せ持っている。

ゴロピカリとは. ゴロピカリは、群馬県農業総合試験場(現県農業技術センター)が「コシヒカリ」と「月の光」を人工交配して育てた米の品種です。 この「ゴロピカリ」の名前は県内から公募し、高崎市内の小学生の作品が採用され、上州名物の雷(稲妻)は稲の豊作をもたらすと言われてい

ゴロピカリの系譜. ゴロピカリの名前の由来. ゴロピカリの名前は県内から公募し、高崎市内の小学生の作品が採用されました。上州名物の雷(稲妻)は稲の豊作をもたらすと言われています。

The latest Tweets from ゴロピカリ